顎の治療を考えるまでの経過

顎の治療を考えた理由

私は、物心ついた時から自分の顔が嫌いでした。

周りと比べると、長く飛び出していて、コンプレックスに感じていました。

小学生の頃は、男子たちが、からかってくるので、学校に行くことが苦痛でした。

私は嫌な気持ちを押さえて過ごしていました。

 

中学高校生時代

顎に対するコンプレックスは、成長したら絶対に克服できると思っていました。

しかし思春期以後、コンプレックスはさらに大きくなっていきました。

中学、高校と身体は成長していきますが、顎も突き出た状態は、変わりませんでした。

却って、しゃくれてきたようにも思えました。

「三日月みたい」と陰口を言われることもありました。

この顎のせいで、何度からかわれたことか、覚えていない程です。

何種類もの変なあだ名を付けられたり、触られたり。

三日月

 

母親に八つ当たりする

私の母も、顎が出ているタイプで、私は母に似たんだと思います。

家で母に八つ当たりもしょっちゅうでした。

何度もケンカをした記憶があります。

それを見ていた、祖母は「顎が丈夫そうだからいいのよ」など、言ってくれました。

しかし、何の慰めにもなりません。

泣いてる 女性

 

大学生時代

大学生になると人から指摘をされないように、マスクをすることが多くなりました。

自分に自信が持てないため、いつの日か引っ込み思案な性格になってしまいました。

他人と話をすること自体が苦痛になりました。

大学時代を無駄に過ごしたと思っています。

マスク 女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です