顎削りを決断する

母親にも相談する

家に帰り、母に相談しました。

今までの自分のコンプレックスと、美容整形を受けようと思った経過、美容外科に相談したことなどを包み隠さず話しました。

反対されると思っていたのですが、まさかの展開になりました。

母は、私が長年悩んでいることを知っていたので、自分で良く考えて手術するのであれば、手術に賛成すると言ってくれました。

その上、私が顎削りをする為の費用を出してくれると言うのです。

「ここから手術代を出しなさい。」と、私名義の貯金通帳を差し出してくれました。

母には、「自分に似て、こんな思いをさせたくなかった。」という気持ちがあったのかもしれません。

複雑な気持ちでしたが、賛成してもらい心は晴れ晴れとしました。

手術の予約を入れる

親から承諾してもらえたので、早速、手術の予約を入れました。

手術を決める前は不安な気持ちもありましたが、いざ受けるとなるとそんな不安な気持ちは湧いてきませんでした。

自分の顔がどうなるのだろう?

これからの人生は、どうなるのだろう?

顎削りをすることで、ずっと悩んでいた自分とさよならできると思うと、本当に楽しみです。

明るい未来しか浮かびません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です